WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト http://f-tm.jp rss, feeds, in, php © http://f-tm.jp/ 湯本町の岩場に笑い声戻る 東北有数の名所「青葉」 http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8828/  東北有数のフリークライミングの名所として知られる、常磐湯本町日渡の「青葉」が今シーズン、多くの愛好者でにぎわっている。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故以降、数年間は来訪者が途絶えたものの、地元クライマーらが環境を整備。2020年東京五輪で初採用されるスポーツクライミングの追い風もあり、週末を中心に老若男女の笑い声が戻ってきた。 フリークライミングとは、安全を確保するために使う器具のほかは、自分の力だけで岩を登るスポーツ。五輪での競技種目もフリークライミングの一種で、岩登りへの関心が高まっている。 青葉は、地元で青葉山と呼ばれる、標高130㍍の山林を巡るときわ台(生活環境保全林)遊歩道近くにある。岩場が乾燥する冬から春が適期。向かいの丘には、常磐炭鉱が盛んだった時代にできた、石炭などの採掘に伴い発生する捨て石の集積場「ズリ山」があり、遠く太平洋を望める。 高さ5~10㍍ほどの砂岩質の崖がそびえ、南向きの斜面は冬場でも暖かいことが特徴。通りの駐車場からは徒歩10分ほどで、震災前は県内をはじめ関東地方や、雪のために岩登りできない東北各県からも多くの愛好者が訪れていた。 常磐西郷町のフリークライミング施設「ジャンダルム」によると、青葉は地震で一部の岩場が崩れたほか、原発事故の影響もあり来訪者が激減。地元愛好者らが周辺の草刈りや竹を伐採するなどして環境を整備し、数年前から来訪者が徐々に増えているという。 足立・習志野・袖ケ浦・所沢・千葉・品川…。青葉近くの駐車場には2日、他県ナンバーの車が並び、50人ほどが岩登りを楽しんでいた。愛好者から慕われている、地元クライマーで県勤労者山岳連盟の生田目武理事長も環境整備に尽力した1人。にぎわう岩場に「五輪の影響もあり、若い人が増えてきた」とクライミング人気を歓迎している。 生田目さんは震災後、山岳会「フィエスタの谷」の地元メンバーらとともに、地震で亀裂が入った岩の一部に樹脂を注入したほか、周辺の放射線量を計測して情報を発信した。岩に影ができると、コケが生えてすべりやすくなるため、太陽を遮る竹などの伐採も欠かさない。生田目さんは「青葉は、晴天率が高く首都圏からのアクセスも良いため、この時期に人気の岩場。安全のためにルールやマナーを守って楽しんでもらいたい」と適正な利用を呼び掛けている。 Thu, 28 Feb 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 岩場を安全に登るには? 初心者講習会で基本学ぼう http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8829/  初心者が岩場を安全に登るにはどうしたら良いのか―。市内のフリークライミング施設や山岳会などでは初心者向けの講習会を開いており、ビギナーに岩登りのルールやマナー、楽しみ方を伝えている。 好天に恵まれた16日、常磐西郷町のフリークライミング・ジャンダルムは青葉で今季初の初心者教室を開催。クライミング歴約半年で初めて自然の岩場に挑戦した市内の公務員土屋綾香さん(22)は2回目のトライで高さ約7㍍の北エリアの岩場を完登。「運動は嫌いだったけれど、クライミングは達成した喜びがあるのでこれからも続けていきたい」と笑顔をみせた。 「年齢や性別、運動神経の良し悪しに関わらず、研究する面白さがあるのがこのスポーツの魅力」と話すのは、同施設代表で教室の講師を務めた高倉健太さん(40)。参加した10代から50代までの岩登り初心者7人に対し、「手でプッシュして」「まずは足場を確保」などと手取り足取りアドバイスした。 同施設では、今後も毎月、初心者教室を開く予定という。参加費は保険込みで3千円。道具がない人は別途レンタル代もかかる。このほか、習熟度に合わせた各教室も予定している。 施設は2010年、鉄工所跡地を改装してオープン。会員は男女とも20〜30代が中心だが、2、3歳から80代まで幅広い。体感を鍛え、基礎代謝量を上げるためダイエットにも効果的という。問い合わせは同施設、電話0246(43)0101。 県勤労者山岳連盟主催の岩登り教室は3月17日、青葉で行われる。9時から15時ごろまでで無料。岩登りの用具(クライミングシューズ、ハーネス、ヘルメット等)は各自で用意する。前泊を希望する人は、青葉から車で十分程度の湯の岳山荘で素泊まり(1人1泊1400円)できる。厨房・調理器具の使用可能。予約・問い合わせは同連盟の生田目理事長、電話090(1379)8325。 Thu, 28 Feb 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 交流サロン「ひなたぼっこ」 被災・支援者の心の拠り所に http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8830/  東日本大震災の被災者や、被災地支援に携わる人が無料で健康相談を受けられる交流サロン「ひなたぼっこ」が平中町23の3、酒店さわきや駐車場奥の民家内スペースで定期的に開かれている。 同サロンは震災の被災地支援を目的に2012年11月にスタート。結城美智子北海道大学院教授(発足時は福島医科大学教授)が対象を被災者だけでなく、支援に携わる人まで広げる重要性を訴え開設した。現在は北海道大老年看護学研究室が主催し、常駐する看護師が悩みや不安を抱えた人々から相談を受けている。 看護師の能戸洋子さんは「話すことで楽になると思うので、気軽に足を運んで」と呼びかけている。会場だったスカイストアが2017年夏に移転したため、現在地に移った。開所は毎月第1・2週の木・金・土曜、10時から15時。フェイスブックhttps://www.facebook.com/iwaki.hinatabokko/でも情報を発信している。 Thu, 28 Feb 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 温泉神社の修繕に協力を 湯本温泉活性化の一助に http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8831/  東日本大震災で被災した以和貴温泉神社(常磐湯本町)の佐波古雅恵さん(32)は4月29日まで、施設を修繕するための工事資金100万円をクラウドファンディングで募っている。社殿間近から温泉が出る国内唯一という神社の魅力を国内外に広め、震災後に減少した観光客を呼び戻し、地域活性化の一助にする狙いもあるという。 以和貴温泉神社は1、300年ほど前、いわき湯本温泉の守り神として湯の岳から同地へ遷座した。経年劣化していた各施設が震災の影響で損傷、大鳥居や社務所は倒壊し、社殿の基礎にゆがみが生じた。さらに社殿の屋根は銅板に亀裂が入り、雨漏りの被害も出ているという。 工事は昨年9月に始まり、修繕費用は約1、600万円。氏子らから奉賛金を募るが、一部費用をいわき信用組合のクラウドファンディングFAAVO(ファーボ)磐城国を活用して集める。佐波古さんは「温泉神社をきっかけに、泉質が良いいわき湯本温泉の魅力を知ってもらう機会になれば」と期待。支援者には金額に応じて、銅板裏や、社殿内の特別奉賛者板などに名前を記す等の返礼を用意している。 神社によるといわき湯本温泉は、奈良時代から温泉が出ていたとの古い文献もあり、有馬・道後温泉と並ぶ日本三古泉。佐波古さんは「震災前のように多くの観光バスが訪れる温泉街になってもらいたい」と話している。 Thu, 28 Feb 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 未来を担う若者を支援 市内就職者へ奨学金返還支援 http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8832/  未来を担う若者を支援するため、いわき市では市内に定住して就職することを条件に、奨学金を借りている学生へ奨学金返還支援として補助金(最大約153万円)を交付する。 奨学金は、学生の半数近くが借りており、現在の社会情勢から返済に苦慮する学生も多く、社会問題となっている。同市では若者の市内定住、就業定着を目指し事業へ取り組んでおり、市外出身の学生も対象となる。 返還支援額は貸与を受けた奨学金受給総額の半分で最大153・6万円。 募集対象者は、平成31年度に卒業・修了する予定の、日本学生支援機構奨学金、いわき市奨学資金、福島県奨学資金のいずれかの奨学金の貸与を受けている学生。市内大学卒業者、市外出身者も対象とし、公務員等は対象外となる。募集期間は平成30年12月3日から平成31年3月31日までとなっており、定員は38人。 併せて経済的な理由などにより修学が困難な方向けに、31年度いわき市奨学資金奨学生の募集が3月1日から29日にかけて、高校生2人(月額20、000円)・高専生2名(月額29、000円)・大学生など12人(月額40、000円)を対象に開始される。 申請方法は申請用紙に必要事項を記入し、必要書類を揃えて教育政策課へ持参する。問い合わせは教育委員会教育政策課、電話0246(22)7540まで。 Thu, 28 Feb 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 合同就職面接会inいわき http://f-tm.jp/event/detail/event_id/12800/ 参加企業全40社【参加無料・申込不要・履歴書不要】実は面接会が就職への近道♪就職の情報収集は直接がいいね!求人票には載っていない魅力がドン!っと聞ける!企業からのラブコールもあり、あなたの選択の可能性も広がります。★応募書類キットのプレゼント ★証明写真の無料撮影 あり!●日 時 12月14日(金) 10:15~15:15(受付開始10:00~)【第1部】10:15~12:00〈20社〉 【第2部】13:30~15:15〈20社〉★1部・2部の参加企業は異なります。●会 場  LATOV 6F いわき産業創造館 企画展示ホール(いわき市平田町120)※雇用保険受給者は求職活動実績になります。参加証明書を発行します。※参加企業の詳細は、ホームページをご覧ください。 Fri, 14 Dec 2018 00:00:00 +0900 イベント 合同就職面接会inいわき http://f-tm.jp/event/detail/event_id/11340/ 企業プレゼンが肝!求人票に載っていない魅力を直接あなたへアピール。ダイレクトに話を聞くことで、知らなかった企業に興味が湧き、選択の可能性も広がります。人見知りの方も、プレゼンを聞いたら、気分はもう知り合い感覚。プレゼン参加者限定のメリット盛りだくさん。聞き逃し厳禁!12:30会場へ集合!【参加無料・入退場自由・履歴書不要】 Tue, 12 Dec 2017 00:00:00 +0900 イベント 超入門!合気道体験会 http://f-tm.jp/event/detail/event_id/10168/ 「合気道って何?」という合気道未経験者から、昔稽古したことがある方、経験者問わず歓迎いたします。私たちの稽古は、技法や心の状態に重きを置いています。痛みを与えたり、ケガをすることを良しとしていませんので安心して参加いただけると思います。私たちが「これは面白い!!」と思うことを体験いただける機会にしたいと思います。初心者の方:ジャージ等動きやすい格好でOKです。小学4年生以上であれば、大人と一緒に同じ稽古できると思います。日時:2017年2月4日(土) 10:00-11:00場所:四倉町大浦公民館 会議室連絡先:facebook:https://www.facebook.com/iwaki.aikido4u/メイル:iwaki.aikido4u@smile.plala.or.jp Sat, 04 Feb 2017 00:00:00 +0900 イベント いわき合気道稽古会 無料体験会 http://f-tm.jp/event/detail/event_id/5684/ いわき市大浦公民館で活動している、いわき合気道稽古会です。 稽古のあるときは、いつでも見学、無料体験稽古を受け入れておりますが 下記の日程で体験会を行います。 日時:  2015年4月26日(日) 13:30-15:00 http://www.sonicweb-asp.jp/i-iwaki/map?theme=th_189amp;amp;amp;amp;amp;amp;pos=140.96936076879493,37.090428084327925amp;amp;amp;amp;amp;amp;scale=1875場所:  いわき市大浦公民館 料金:  無料 内容:  合気道の基本的な動きの説明と型の稽古 備考:  ジャージ等の動きやすい服装でお越しください。申し込みは下記URLからお願いいたします。http://kokucheese.com/event/index/280535/ Sun, 26 Apr 2015 00:00:00 +0900 イベント 和の趣漂う象嵌作 29日からいわきで田中荘弐陶芸展  http://f-tm.jp/event/detail/event_id/1001/  焼き締めによる象嵌(ぞうがん)技法で制作した陶器を展示する、田中荘弐(そうじ)さん(60)の陶芸展が29日から、いわき市泉町のギャラリー・アートスペース泉で開かれる。11月8日まで。 可憐で和の趣が漂う逸品ぞろいで、香炉や大皿、つぼ、水差し、陶板、茶道具など小物類を含めて70点が展示される。 田中さんは北茨城市生まれ。約30年前に同市に窯を構え、作家活動している。陶芸ビエンナーレ展(1995年)で奨励賞を受賞。日本工芸会正会員。 個展にあたり、田中さんは「花木をモチーフにした象嵌の作品をじっくり見ていただきたい」と話す。 29、30日と11月5、6日の4日間は作家が来廊する。作品の茶わんにて茶席を用意する。開館時間は午前10時30分から午後6時まで。木曜日休廊。問い合わせは、アートスペース泉(電話0246・56・9101)へ。 【写真は可憐な花木文様の焼締象嵌胡蝶蘭文大皿】                   ◇ 11月12日から23日までの期間は萩焼深川窯十四代の新庄貞嗣作陶展を開催する。 Sat, 29 Oct 2011 00:00:00 +0900 イベント とても賑わって、おいしいもの http://f-tm.jp/comment/detail/id/3144/ とても賑わって、おいしいものがたくさん揃ってましたね。 Sun, 09 Oct 2011 00:00:00 +0900 コメント  今どき、中々ないキャラの白石 http://f-tm.jp/comment/detail/id/3141/  今どき、中々ないキャラの白石さん。人柄、講演とも大変素晴らしかった。前の席で聞いていた教育長。「ぜひこれは子どもたちに聞かせなくては…」。 Sat, 24 Sep 2011 00:00:00 +0900 コメント 光大産業さんといえば小さいサ http://f-tm.jp/comment/detail/id/3132/ 光大産業さんといえば小さいサイズのながいすや小さな小さなテーブルをお世話になり長い間使っていました。3歳のころから中学年になるまでみんなで使い、そのあとはガーデニングの演出に再利用。木は長い間使えて朽ちてからも趣がありますね。 その光大さんが社会のためにこのような催しを企画してくださっているのですね。そういえば昔木工教室もありましたね。 Mon, 12 Sep 2011 00:00:00 +0900 コメント 雨が心配でしたが外で思いっきり http://f-tm.jp/comment/detail/id/3128/ 雨が心配でしたが外で思いっきりできてよかったです。エネルギーあふれるヨサコイ、施設でみれるとは、大喜びですね。 Sun, 28 Aug 2011 00:00:00 +0900 コメント  よかった。心配してました。 http://f-tm.jp/comment/detail/id/3127/  よかった。心配してました。 Fri, 26 Aug 2011 00:00:00 +0900 コメント