WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト http://f-tm.jp rss, feeds, in, php © http://f-tm.jp/ 福島高専がアイデア賞受賞 http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8726/  東京電力福島第1原発事故の廃炉を担う若い人材育成を目的としたロボット競技大会「第3回廃炉創造ロボコン」が15日、楢葉町の日本原子力研究開発機構楢葉遠隔技術開発センターで行われ、いわき市の福島高専は3位に相当するアイデア賞を獲得した。最優秀賞は初出場の長岡高専(新潟県長岡市)が輝いた。 大会は文科省と廃止措置人材育成高専等連携協議会主催で、電波が届かない、コンクリート製の厚い壁など、現実に近い環境を想定。過去2回は、階段を上ったり、凸凹を乗り越えるなどの課題を設定したが、今回は溶解した核燃料(デブリ)の取り出し作業を模したより現実に近い難題とした。 大会には21チームが応募し書類選考で15チームを選抜。海外から初出場したマレーシア工科大を加えた15校16チームが出場し、10分間の制限時間内にデブリを模したテニス・ゴルフ・卓球ボールを回収しスタート地点まで戻ることが求められた。 競技フィールドは原子炉建屋内で圧力容器を支える基礎部分の実物大模型。学生は有線でつないだロボットを遠隔で操作し、内径24㌢、長さ4㍍のパイプを通過、直径5㍍のプラットホームに到達後、50㌢角の穴から3・2㍍下の物体回収に挑んだ。 パイプを通過できなかったり、物体を取り損ねたりしたりするチームが続出する中、パイプを通りやすいようスリム化した、福島高専の「はじめてのおつかい号」はピンポン球を取ることに成功した。メンバーは「想像以上の出来。将来、人の役に立てるようなロボットを作りたい」と話した。クレーンアームにメジャー(巻き尺)を採用した長岡高専はテニスボールを回収し唯一、スタート地点まで戻った。 関係者によると、来年も熔解したデブリの取り出し作業を模した課題で大会を開く予定という。 Tue, 01 Jan 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 原発事故の実態を伝える 富岡町で2施設が開館 http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8727/  東京電力福島第1原発事故の実態を伝える2つの施設が11月、富岡町内で開館した。いずれも、全町避難だった町内のうち、2017年4月に解除された一部区域の国道6号沿いにあり、入場無料。原発事故からまもなく8年を迎える中、事故当時の原発構内の様子や廃炉へ向けた進捗、双葉郡8町村の現状などがまとめられており、2施設を巡ることで多角的な視点で理解を深めることができる。 東京電力廃炉資料館(小浜中央278)は、1988年にオープンした、東京電力福島第2原発のPR施設「エネルギー館」を改修して11月30日に開館した。2階建てで展示面積は約1900平方㍍。原発事故の記憶と記録を残し、再び事故を起こさないよう反省と教訓を社内外に伝えることが目的という。 放射線量の関係から現物の展示はできないため、映像(計約1時間半の内容)やパネルの展示が中心。各コーナーにボタンがあり、日本語か英語を選択すると解説の音声が流れる。 2階は「事故の記憶・反省と教訓」をテーマにした展示で、津波で全電源を喪失した1・2号機中央制御室の様子を再現映像で振り返っているほか、事故対応をした所員のインタビューなどがある。 「廃炉現場の姿」と題した1階には、汚染水対策や燃料デブリ取り出しなど最新の現場の状況を紹介。巨大画像をこま送りして構内の状況を体感できるコーナーも。展示内容は進捗により見直すことにしている。放射線や地域の情報を発信するコミュニケーションスペースではソフトドリンクのサービスがあり、休憩することができる。 東電は年間2万人の来場者を見込んでいる。開館時間は9時半から16時半。休館日は毎月第3日曜日と年末年始。入館料(駐車場)無料。問い合わせは、電話0120(50)2957。 一方、住民目線で原発事故の被害について発信しているふたばいんふぉ(小浜中央295)は2日、オープンした。運営は双葉郡未来会議。原発事故で避難区域を抱える双葉郡8町村の現状を伝えている。事故後、国道6号の歩道橋に掲げた「富岡は負けん!」と書かれた横断幕の実物展示もある。 避難区域などの景色の移り変わりを写真で紹介したり、復旧に関する進捗状況を町村ごとのパネルで紹介。東日本大震災と原発事故に関する書籍をはじめ、映像やさまざまな資料を取りそろえている。廃炉へ向けた取り組みを伝える東電のブースもある。 双葉郡でものづくりをしている人たちを応援する物販コーナーでは、各種ステッカーやタオル、Tシャツなどが並び人気だ。施設隣には、カフェ135(ひさご)が隣接しており、カレーライスや定食、ソフトドリンクなどのメニューを楽しめる。問い合わせは同施設、電話0240(23)6612。 Tue, 01 Jan 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース ふるさとの楽園で〝望年会〟 好評!職員手作りの余興 http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8728/  入居するお年寄りに元気で過ごしてもらおうと平下荒川の介護付きホーム「いわきふるさとの楽園」(志賀公平社長)の年末恒例の「望年会」は7日、今年も盛大に開催された。 通常は「忘年会」と書くところを、忘れる年の会ではなく来年は楽しい年であることを望む年ということで「望年会」になったという。 最初に志賀社長が「本当に来年が、今年以上に良い年であることを祈りたい。みんなで腹を抱えて笑おうという会にしたい」とあいさつ。 乾杯の後は、事務職員による余興「祝いの踊り」や「マツヒデサンバでひょっこりはん」、社長による「三代目引田天功マジックショー」、他にも給食職員、介護職員らによる、すべて手作りの出し物が次から次へと披露され利用者を笑顔にさせた。 最後にDVDの映像で一年を振り返り、和やかな雰囲気のなかお開きとなった。 Tue, 01 Jan 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 県内初の移動式理美容店 内郷御厩町のロダン http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8729/  内郷御厩町の理美容店ヘアー・クリエイティブ・ロダンは12月から、専用車両を使った県内初の移動式店舗での営業を始めた。理美容店での利用が困難な高齢者や障がい者などのニーズに応え、病院や施設などへの訪問も想定している。 14日には好間町下好間の多機能型重心児デイサービスどりーむずを訪問。利用者が散髪する様子に、施設を運営する特定非営利活動法人(NPO法人)ままはーとの笠間真紀理事長は「床屋に行くことが大変な人たちにとってとにかくありがたく心強い」と感謝した。 車内には大きな鏡やシャンプー台、明るい照明に冷暖房を完備。通常の店舗と同様の衛生基準を満たし、だれでも利用できる。同店によるとスタッフ全員がヘルパー2級資格取得者という。 同店は創業43年。14年前から訪問理美容を、12月から専用車両でのサービスを始めた。同店は「ご自宅にうかがい、髪をきれいにするだけでなく、理美容室という非日常の空間をさまざまな人に提供したい」とPRしている。対象は市内全域。予約は利用客5人以上で1週間前までに受け付ける。問い合わせは同店、電話0246(26)7205。ホームページアドレスはhttp://creative-rodan.com/about Tue, 01 Jan 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 「いわき七浜海道」に決定 市自転車道路網の愛称 http://f-tm.jp/topic/detail/topic_id/8730/  いわき市は18日、市内沿岸部に整備する市自転車道路網の海岸線ルート(市道勿来・久之浜線)の愛称がいわき七浜海道に決定したと発表した。 同ルートをより多くの人に周知し、親しみやすい路線にすることを目的に9月、愛称を募集。市内を中心に遠くは長崎県などから130人・490作品が寄せられ、いわき市の中丸孝男さん(75)が応募した作品が選ばれた。「白砂青松の美しい海岸がイメージできる」ことなどが選考理由で今後、案内看板などへの表示のほか、利用促進のための広報活動などに使われる。 市によると、いわき七浜は古くからいわきの海岸を表す語として知られ、勿来・小名浜・永崎・豊間・薄磯・四倉・久之浜の七つの浜を指すという。 海岸線ルートは勿来関公園から久之浜防災緑地までの総延長約53㌔で全国屈指の自転車道路網という。今年度中に勿来から三崎公園までの約26㌔が完成し、2020年度に全線で供用開始する予定。東日本大震災からの復旧・復興事業による防潮堤の管理用道路や防災緑地の園路など、自転車・歩行者専用道路約15㌔をはじめ、既存の国・県・市道に路面標示や案内板を設置し、沿岸部をつなぐ。 Tue, 01 Jan 2019 00:00:00 +0900 投稿ニュース 合同就職面接会inいわき http://f-tm.jp/event/detail/event_id/12800/ 参加企業全40社【参加無料・申込不要・履歴書不要】実は面接会が就職への近道♪就職の情報収集は直接がいいね!求人票には載っていない魅力がドン!っと聞ける!企業からのラブコールもあり、あなたの選択の可能性も広がります。★応募書類キットのプレゼント ★証明写真の無料撮影 あり!●日 時 12月14日(金) 10:15~15:15(受付開始10:00~)【第1部】10:15~12:00〈20社〉 【第2部】13:30~15:15〈20社〉★1部・2部の参加企業は異なります。●会 場  LATOV 6F いわき産業創造館 企画展示ホール(いわき市平田町120)※雇用保険受給者は求職活動実績になります。参加証明書を発行します。※参加企業の詳細は、ホームページをご覧ください。 Fri, 14 Dec 2018 00:00:00 +0900 イベント 合同就職面接会inいわき http://f-tm.jp/event/detail/event_id/11340/ 企業プレゼンが肝!求人票に載っていない魅力を直接あなたへアピール。ダイレクトに話を聞くことで、知らなかった企業に興味が湧き、選択の可能性も広がります。人見知りの方も、プレゼンを聞いたら、気分はもう知り合い感覚。プレゼン参加者限定のメリット盛りだくさん。聞き逃し厳禁!12:30会場へ集合!【参加無料・入退場自由・履歴書不要】 Tue, 12 Dec 2017 00:00:00 +0900 イベント 超入門!合気道体験会 http://f-tm.jp/event/detail/event_id/10168/ 「合気道って何?」という合気道未経験者から、昔稽古したことがある方、経験者問わず歓迎いたします。私たちの稽古は、技法や心の状態に重きを置いています。痛みを与えたり、ケガをすることを良しとしていませんので安心して参加いただけると思います。私たちが「これは面白い!!」と思うことを体験いただける機会にしたいと思います。初心者の方:ジャージ等動きやすい格好でOKです。小学4年生以上であれば、大人と一緒に同じ稽古できると思います。日時:2017年2月4日(土) 10:00-11:00場所:四倉町大浦公民館 会議室連絡先:facebook:https://www.facebook.com/iwaki.aikido4u/メイル:iwaki.aikido4u@smile.plala.or.jp Sat, 04 Feb 2017 00:00:00 +0900 イベント いわき合気道稽古会 無料体験会 http://f-tm.jp/event/detail/event_id/5684/ いわき市大浦公民館で活動している、いわき合気道稽古会です。 稽古のあるときは、いつでも見学、無料体験稽古を受け入れておりますが 下記の日程で体験会を行います。 日時:  2015年4月26日(日) 13:30-15:00 http://www.sonicweb-asp.jp/i-iwaki/map?theme=th_189amp;amp;amp;amp;amp;amp;pos=140.96936076879493,37.090428084327925amp;amp;amp;amp;amp;amp;scale=1875場所:  いわき市大浦公民館 料金:  無料 内容:  合気道の基本的な動きの説明と型の稽古 備考:  ジャージ等の動きやすい服装でお越しください。申し込みは下記URLからお願いいたします。http://kokucheese.com/event/index/280535/ Sun, 26 Apr 2015 00:00:00 +0900 イベント 和の趣漂う象嵌作 29日からいわきで田中荘弐陶芸展  http://f-tm.jp/event/detail/event_id/1001/  焼き締めによる象嵌(ぞうがん)技法で制作した陶器を展示する、田中荘弐(そうじ)さん(60)の陶芸展が29日から、いわき市泉町のギャラリー・アートスペース泉で開かれる。11月8日まで。 可憐で和の趣が漂う逸品ぞろいで、香炉や大皿、つぼ、水差し、陶板、茶道具など小物類を含めて70点が展示される。 田中さんは北茨城市生まれ。約30年前に同市に窯を構え、作家活動している。陶芸ビエンナーレ展(1995年)で奨励賞を受賞。日本工芸会正会員。 個展にあたり、田中さんは「花木をモチーフにした象嵌の作品をじっくり見ていただきたい」と話す。 29、30日と11月5、6日の4日間は作家が来廊する。作品の茶わんにて茶席を用意する。開館時間は午前10時30分から午後6時まで。木曜日休廊。問い合わせは、アートスペース泉(電話0246・56・9101)へ。 【写真は可憐な花木文様の焼締象嵌胡蝶蘭文大皿】                   ◇ 11月12日から23日までの期間は萩焼深川窯十四代の新庄貞嗣作陶展を開催する。 Sat, 29 Oct 2011 00:00:00 +0900 イベント とても賑わって、おいしいもの http://f-tm.jp/comment/detail/id/3144/ とても賑わって、おいしいものがたくさん揃ってましたね。 Sun, 09 Oct 2011 00:00:00 +0900 コメント  今どき、中々ないキャラの白石 http://f-tm.jp/comment/detail/id/3141/  今どき、中々ないキャラの白石さん。人柄、講演とも大変素晴らしかった。前の席で聞いていた教育長。「ぜひこれは子どもたちに聞かせなくては…」。 Sat, 24 Sep 2011 00:00:00 +0900 コメント 光大産業さんといえば小さいサ http://f-tm.jp/comment/detail/id/3132/ 光大産業さんといえば小さいサイズのながいすや小さな小さなテーブルをお世話になり長い間使っていました。3歳のころから中学年になるまでみんなで使い、そのあとはガーデニングの演出に再利用。木は長い間使えて朽ちてからも趣がありますね。 その光大さんが社会のためにこのような催しを企画してくださっているのですね。そういえば昔木工教室もありましたね。 Mon, 12 Sep 2011 00:00:00 +0900 コメント 雨が心配でしたが外で思いっきり http://f-tm.jp/comment/detail/id/3128/ 雨が心配でしたが外で思いっきりできてよかったです。エネルギーあふれるヨサコイ、施設でみれるとは、大喜びですね。 Sun, 28 Aug 2011 00:00:00 +0900 コメント  よかった。心配してました。 http://f-tm.jp/comment/detail/id/3127/  よかった。心配してました。 Fri, 26 Aug 2011 00:00:00 +0900 コメント