いわき市のポータルサイト,いわきの求人

炭焼きサンマ千食振る舞う いわき・ら・ら・ミュウでさんま祭 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

炭焼きサンマ千食振る舞う いわき・ら・ら・ミュウでさんま祭


無料で振る舞われたサンマの炭火焼き

 今季も不漁がささやかれるサンマを無料で千匹振る舞う「第6回さんま祭」が18日、小名浜の市観光物産センターいわき・ら・ら・ミュウ西側広場で開かれ、炭火焼きした秋の味覚に来場者が舌鼓を打った。今年は開館20周年を記念し、10月8日にも大鍋で作るサンマ汁500食分を振る舞う。
 前日の風雨から一転。台風一過で青空が広がった広場には、炭火にしたたる脂が周囲に香ばしいにおいを漂わせた。館内で買い物や飲食をしたレシート1枚(金額不問)で1グループ分のサンマを炭火焼きにできるとあって、多くの家族連れらが行列を作った。内郷高坂町の主婦小松秀子さん(69)は「毎年、楽しみに来ているが、今年のサンマは高価なのでうれしい」と話した。
 サンマは高い海水温などの影響でここ数年来、不漁が続いており、今年のサンマ祭りは全国で異変が起きている。前年に捕った冷凍サンマを使ったり、中止に追い込まれるケースも。ららミュウでは水産会社の協力で北海道・厚岸産の生サンマを用意した。
 同センターの鮮魚店ではこの日、サンマ1匹を200円で販売した。店主は「海水温が高く、台風の発生で漁に出られない日もあり今季のサンマまったく読めない」となげく。小型が中心だが例年の2倍以上の値が付いているという。

編集者: まのめ  日付:17年9月29日

炭焼きサンマ千食振る舞う いわき・ら・ら・ミュウでさんま祭へのコメント(0件)