いわき市のポータルサイト,いわきの求人

浮かび上がる錦秋の国宝 白水阿弥陀堂で光の演出 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

浮かび上がる錦秋の国宝 白水阿弥陀堂で光の演出


紅葉とともに夕闇に浮かび上がる白水阿弥陀堂

 紅葉の名所としても知られる、常磐白水町の国宝白水阿弥陀堂で3日から12日まで、夜間特別拝観があり、ライトアップされた阿弥陀堂が色付く大イチョウなどとともに夕闇に浮かび上がった。
 前2日はマスコミ向けの試験点灯が行われ、発光ダイオード(LED)約60基が周囲を照らし、参詣者に配られた白いちょうちんが境内に光跡を描いた。赤土隆行住職は「原発事故の影響でここを訪れる人もずいぶん減った。首都圏などから訪れる人も安心を肌で感じてもらいたい」と話した。
 光の演出は2年ぶり。東京電力福島第1原発事故で減少した観光客を呼び戻そうと、地元商工会などが2012年から実施し、今年は阿弥陀堂を所有する成願寺が市などの協力を得て企画した。

編集者: まのめ  日付:17年11月30日

浮かび上がる錦秋の国宝 白水阿弥陀堂で光の演出へのコメント(0件)