いわき市のポータルサイト,いわきの求人

税を考える週間で標語表彰 箭内さんにいわき市長賞 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

税を考える週間で標語表彰 箭内さんにいわき市長賞


清水いわき市長から表彰状を受け取る箭内さん

 11月11日から17日まで全国的に開催されている「税を考える週間」で広く税に理解を示してもらおうと、いわき間税会(江尻次郎会長)で募集した「税の標語」表彰式が16日、いわき駅前のネモトビルダイヤモンドホールで行われた。いわき市長賞には箭内彩乃さん(湯本三)の作品「納税しよう 社会を支える 大黒柱」が選ばれた。
 今年は市内の小学6年生に作品を応募してもらい、約500点の作品が集まった。市長賞のほか、いわき税務署長賞に中村潤斗君、市教育長賞に花塚さくらさん、いわき間税会長賞に加藤侑奈さん、県間税会連合会長賞に渡部綾菜さん、全国間税会総連合会入選に向山陸君の作品が選ばれた。いずれも力作ぞろいで審査員を悩ませた。
 表彰式では江尻会長が「昨年まで行ってきた大人の作品と遜色がなく、どれも素晴らしい出来でとても感心しました。日本の将来を担う大人になることを期待しています」とあいさつ。
 続いて来賓の清水敏男いわき市長が「大人顔負けの作品ばかり。みなさんが税金のことを考えた標語をつくることにより、ご両親もきっと税に対する理解を深めると思います。いわき間税会のみなさまには日頃から納税意識の高揚、普及啓発に尽力いただき改めてお礼を申し上げます」と祝辞を述べた。

編集者: まのめ  日付:17年11月30日

税を考える週間で標語表彰 箭内さんにいわき市長賞へのコメント(0件)