いわき市のポータルサイト,いわきの求人

新病院は「市医療センター」 シンボルマークも決定 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

新病院は「市医療センター」 シンボルマークも決定


建設中の新病院「いわき市医療センター」とシンボルマーク

 市立総合磐城共立病院の老朽化に伴い建設中の新病院について、名称(案)は「いわき市医療センター」とし、シンボルマークも決定した。9日までにいわき市が発表した。
 名称は、新病院の基本理念や基本方針に則したものなどを要件に公募。191人から234件の応募があり、選定委員会が最優秀作品としていわき市の堀川卓郎さん(45)=当時=の作品「いわき市医療センター」を選んだ。いわき医療圏の中心医療機関であることを示していることなどが選定理由。名称は市議会の議決を経て、正式に決定する。
 シンボルマークは、市民に親しみを持ってもらおうと公募し、407人から450作品が寄せられた。選定委員会を経て青森県弘前市の工藤和久さん(52)=当時=の作品が最優秀賞に選ばれた。「いわき市の頭文字を用いて、ひとを医療の輪でやさしく包み込む姿をイメージし、新病院の基本理念である慈心妙手を的確に表現している」点などが評価された。いずれの表彰式も2月に行う。
 新病院は12月25日に開院する予定で、工事の進捗率は64%(2017年12月末現在)。新病院は、既存病院の8階建てから高層化し、免震構造の鉄骨造(一部CFT柱)13階建て。高さは55・68㍍で屋上にヘリポートを設ける。
 診療科数は26 科。総病床数は700床。高度医療に対応した多様な手術室を整備するほか、術後のフォロ ーを行いやすいよう集中治療室を隣接させる。駐車スペースは既存の約500台から約1000台に拡大。国道6号からの進入路を整備し、路線バスの乗り入れが可能になる。

編集者: まのめ  日付:18年1月30日

新病院は「市医療センター」 シンボルマークも決定へのコメント(0件)