いわき市のポータルサイト,いわきの求人

子どもらがアスリートと交流 初のJヴィレッジフェスタ | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

子どもらがアスリートと交流 初のJヴィレッジフェスタ


トップアスリートと触れ合う参加者

 東京電力福島第1原発事故による避難区域・旧避難区域を抱えた12市町村の子どもらが交流し、トップアスリートと触れ合うJヴィレッジスポーツフェスタ2018が14日、楢葉町の地域文化交流施設楢葉まなび館で開かれた。
 復興庁とJヴィレッジが初めて開いたイベントで170人が参加。サッカー男子U―19代表の影山雅永監督(いわき市出身)や、J3福島ユナイテッドFC元選手の渡辺匠さん(同)、同チームの茂木弘人選手(福島市出身)、東北社会人リーグ2部(南リーグ)のいわきFCの選手らがゲスト参加し、子どもたちと触れ合った。
 開会式ではJヴィレッジの上田栄治副社長が「地域・世代間の交流や、トップアスリートとの触れ合いを目的に初めて開くイベント。今日1日元気よく楽しもう」とあいさつ。吉野正芳復興相らが祝辞を述べた。
 参加者全員で楽しみながら体操やストレッチなどをした後、市町村ごとのチームでサッカー対決をしたり、JリーグOB・選手チーム対12市町村チームの対戦などがあり、今夏に一部オープンするJヴィレッジの機運を盛り上げるイベントにもなった。

編集者: まのめ  日付:18年1月30日

子どもらがアスリートと交流 初のJヴィレッジフェスタへのコメント(0件)