いわき市のポータルサイト,いわきの求人

人形の東月がからりこ館で展示会 江戸時代からのひな人形出品 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

人形の東月がからりこ館で展示会 江戸時代からのひな人形出品


出品展示されている江戸時代の人形

 人形の東月(本店=いわき市自由ヶ丘)は絹織物の歴史、伝統技術などを紹介する「かわまたおりもの展示館・からりこ館」(伊達郡川俣町鶴沢東)で~江戸時代からの貴重で雅なひな人形展~を開催、来場者の注目を集めている。4月8日まで開催中。
 また、川俣町の織物店が開発した絹織物「フェアリー・フェザー(天使の羽)」を使用、優美さを極めた気品溢れるひな人形も展示中だ。 フェアリー・フェザーは通常の半分の細かい糸を吐く蚕をから生産された繊維。この生地はプリンセスダイアナのウエディングドレスにも使われたシルクと同じで、透明感や美しさがあり、下地の衣の柄を一層引き立てている。
 期間限定展示として川俣町の小学生、幼稚園・保育園児が作ったひな人形が展示されているほか、繭玉を使った愛らしいお雛さまを多数出品。3月11日まで開催中。入場料は大人150円、小人70円。休館日は月曜日。問い合わせは024-566-4889まで。

編集者: まのめ  日付:18年2月27日

人形の東月がからりこ館で展示会 江戸時代からのひな人形出品へのコメント(0件)