いわき市のポータルサイト,いわきの求人

いわき産農産物の非常食 トマトピラフ味7,000食 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

いわき産農産物の非常食 トマトピラフ味7,000食


いわき産農産物を使ったトマトピラフ味の防災非常食

 いわき産の農産物で作った防災非常食「Iwaki Laiki のフリーズドライご飯」が完成し、9日から市内の農協4店舗で販売している。1人前450円(税別)。
 東京電力福島第1原発事故の影響で風評被害を受けている市内農産物を使った6次化商品の開発などを目的に、昨年6月に市・サンフレックス永谷園・福島さくら農業協同組合が締結した三者協定に基づき開発した。
 非常食はフリーズドライ(凍結乾燥)加工したトマトピラフ味。いわき産コシヒカリIwaki Laiki と、いわき産トマトを使い、爽やかな酸味が特徴。お湯で3分、水の場合は5分で調理できる。アルファ化米に比べ調理時間を大幅に短縮したほか、そのままでも食べることができる。
 内容量は85㌘。お湯などで戻すと260㌘ありお茶碗大盛り約1杯分。初回は7千食を製造し、5千食は市の保存食として備蓄する。賞味期限は5年。販売先は福島さくら農協の新鮮やさい館谷川瀬店・好間店・平窪店、ファーマーズマーケットいがっぺ。

編集者: まのめ  日付:18年2月27日

いわき産農産物の非常食 トマトピラフ味7,000食へのコメント(0件)