いわき市のポータルサイト,いわきの求人

薫風受け、花見山散策 ラベンダー摘み取り体験も | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

薫風受け、花見山散策 ラベンダー摘み取り体験も


園内を散策する家族連れら

 いわき市の花の名所「高野花見山」(内郷高野町広萱)が、薫風を受けながら緩やかな遊歩道を散策する市民らでにぎわっている。6月にはラベンダーの摘み取り体験(500円・入園料別)が行われる。
 湯ノ岳を望む丘陵に広がる約10万平方㍍の敷地内に200種類以上の草花が共演。今年はさまざまな植物の開花が、例年に比べて10日ほど早く進んでいるという。ラベンダーの摘み取り体験では、施設から借り受けたハサミと容器を使って摘み取る。
 4月下旬、近所から訪れた家族連れは「子どもたちを自由に遊ばせることができるので毎日のように来ている。愛犬の散歩にも適している」と話した。
 高野花見山ができた丘陵はもともと炭鉱跡地。(株)三浦工業が1994年に土地を購入し、建設残土の処分場として利用してきた。埋め立て後の活用法を模索した同社代表取締役の三浦久雄さん(82)が「地元にも花を楽しめる場所を造りたい」と約8年掛けて整備。2004年3月20日に正式オープンした。
 環境への配慮から、倒木を再利用して東屋やテーブル、ベンチを制作。廃材で土留めや遊歩道を造るなど、高齢者や体が不自由な人でも歩きやすいよう、より快適な空間づくりを目指している。
 営業時間は4月~7月、9月は午前9時から17時。10・11月、3月は16時まで。入園料は中学生以上300円(4・5月は500円)、小学生100円、未就学児無料。年間券は1500円。住所は福島県いわき市内郷高野町広萱。電話は0246(27)2537。

編集者: まのめ  日付:18年5月31日

薫風受け、花見山散策 ラベンダー摘み取り体験もへのコメント(0件)