いわき市のポータルサイト,いわきの求人

ピラミッドの謎解明に〜東日大エジプト研究所〜 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

ピラミッドの謎解明に〜東日大エジプト研究所〜


締結式に臨むプロジェクトのメンバー

 東日本国際大学(緑川浩司理事長)のエジプト研究所は5日、いまだ多くの謎に包まれるクフ王のピラミッドの構造を解明するため、国内でトップクラスの人員を揃え「大ピラミッド探査プロジェクトに関する覚え書き」を締結した。
 緑川理事長は挨拶の中で「この締結により世界的な歴史の新たな一ページが開かれるかもしれない。また、このプロジェクトをいわきから発信できたことを大変素晴らしい事だと思う。いわき市長はじめ多くの人が地域創成のためいわき市にエジプト博物館を作ってほしいと話している」と語った。
 プロジェクトは最新の科学技術を駆使、ピラミッド内部の未知の空間の有無を探し出す壮大なもの。そのため、ドローンや三次元スキャナーを用いた測量、地中レーダー(GPR)を用いた探査、宇宙線ミューオンによる透視技術「ミュオグラフィ」など3つの技術を用いた測量を行なう予定だ。
 エジプト考古学者の第一人者である吉村作治学長はクフ王のピラミッドは墓ではなく、必ず他の地中にあるはずというのが持論。壮大な探査は世界的に注目を集めている。
 式典には緑川浩司理事長、吉村作治学長、岩出まゆみエジプト研究所兼客員教授、山下弘訓同研究所客員准教授、千秋博紀千葉工業大学惑星探査研究センター上席研究員、佐藤源之東北大学東北アジア研究センター教授、金政浩九州大学大学院総合理工学研究院准教授、設楽丘タイプエス社長、宮本英昭東京大大学院工学系研究科システム創成学専攻教授が出席、協定書を交わした。

編集者: まのめ  日付:18年7月30日

ピラミッドの謎解明に〜東日大エジプト研究所〜へのコメント(0件)