いわき市のポータルサイト,いわきの求人

楢葉町「ここなら笑店街」 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

楢葉町「ここなら笑店街」


多くの町民らでにぎわう公設商業施設「ここなら笑店街」

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が2015年9月に解除された楢葉町に6月末、公設商業施設「ここなら笑店街」が開業した。震災前から町内で営業していたスーパー「ブイチェーンネモト」やパン屋「ベーカリーハウスアルジャーノン」をはじめ、飲食店やホームセンターなど10店舗が入居。初日から多くの町民らでにぎわった。
 町によると、名称には帰還した住民が気軽に買い物をして笑顔になってほしい、との願いを込めた。町が復興拠点として整備しているコンパクトタウン「笑(えみ)ふるタウン」内の約3万4千5百平方㍍に立地。店舗のほか、ATM(現金自動預け払い機)や休憩スペースなどもある。
 「これから生活が楽になる。待ちに待ったオープンでうれしい」。同県南相馬市から今年3月に帰町した無職石山久子さん(78)は神奈川県から帰省している妹とともに花や刺身を購入して笑顔を見せた。
 コンパクトタウンにはほかに災害公営住宅や医療機関、こども園などを整備。商業施設は、町役場近くにあった仮設商店街の役割を引き継いだ。町には6月末現在、住民登録がある7007人のうち3367人が住んでおり、町内居住率は48.05%という。

編集者: まのめ  日付:18年7月30日

楢葉町「ここなら笑店街」へのコメント(0件)