いわき市のポータルサイト,いわきの求人

キャンパス・コンソーシアム協定締結 産学官で持続可能な復興創生へ | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

キャンパス・コンソーシアム協定締結 産学官で持続可能な復興創生へ


自治体、高等教育機関の代表が参加、持続可能な復興創生のため協定書を締結

 福島浜通りの持続可能な復興創生のため、産学官のスクラムをより強化しようとこのほど、東日本国際大学1号館で学校法人昌平黌の緑川浩司理事長が取りまとめ役となり自治体や高等教育機関の代表ら8人が参加、福島浜通り復興創生キャンパス・コンソーシアムの協定書締結式を行なった。
 式典には自治体代表として清水敏男いわき市長、遠藤智広野町長、松本幸英楢葉町長、小野栄重いわき商工会議所会頭が参加、また、高等教育機関からは吉村作治東日大学長、山崎洋次いわき明星大学学長、田久昌次郎いわき短期大学学長、山下治福島工業高等専門学校校長が代表として参加した。
 出席者紹介の後、緑川理事長が「福島復興の歩みを絶やすことなくお互いの強みを活かし、弱みを補い合う共生社会を築き上げていきたい」とあいさつ。また「思いやりをもって他人の為に生きる事が大切」と論語の一節を紹介、日頃から提唱している〝人間力〟でその使命を果たしたいと語った。
 続いて中村隆行東日大副学長がキャンパス・コンソーシアムの概要について「しごとづくり」「ひとづくり」「まちづくり」など3つの要点について説明した。今後「イノベーションコースト構想」に関する共同公開講座の実施や共同研究の実施、国連持続可能な開発のための2030アジェンダSDGsに関する研修会実施など具体的な活動に移っていくという。

編集者: まのめ  日付:18年10月30日

キャンパス・コンソーシアム協定締結 産学官で持続可能な復興創生へ へのコメント(0件)