いわき市のポータルサイト,いわきの求人

日本の伝統文化を発信 アクアマリンに金魚館 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

日本の伝統文化を発信 アクアマリンに金魚館


全国各地の金魚を展示する金魚館

 小名浜のアクアマリンふくしまに5日、金魚館がオープンした。アクアマリンパークで11月に開かれる世界水族館会議を契機に日本の伝統文化を世界に発信しようと、全国の25品種約300匹を展示している。
 金魚館は、館内のクウェート・ふくしま友好記念日本庭園内に整備。陽光が差し込む、南向きのガラス窓沿いに金魚水槽8基・メダカ水槽2基を設置した。アクアマリンふくしまオリジナル品種の「桜ブリストル」や、平四ツ波の小野金魚園が品種改良した、フラガールのスカートを想起させる「いわきフラっこ」をはじめ、青森の地金魚「津軽錦」やピンポンパールなど、個性的な容姿をした金魚が人気を集めている。
 アクアマリンによると、金魚は1500年以上前に中国で赤いキンブナを寺に寄進する風習が起源。約500年に日本に伝えられ、品種改良が行われてきた。理想型を求める人と自然の濃密な関係を示すひとつの文化でもあるという。金魚館では今後、品種を増やすなどしてより展示を充実する。

編集者: まのめ  日付:18年10月30日

日本の伝統文化を発信 アクアマリンに金魚館へのコメント(0件)