いわき市のポータルサイト,いわきの求人

夜空に浮かぶ錦秋の国宝 内郷白水町の白水阿弥陀堂 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

夜空に浮かぶ錦秋の国宝 内郷白水町の白水阿弥陀堂


 内郷白水町の国宝白水阿弥陀堂で3日から12日まで、ライトアップが行われ、樹齢400年以上といわれる黄色い大イチョウや赤いカエデとともに阿弥陀堂が夜空に浮かび上がった。
 東京電力福島第1原発事故で減少した観光客を呼び戻そうと阿弥陀堂を所有する願成寺が市などと協力して企画。発光ダイオード(LED)の照明約60基を点灯すると境内の樹木が鏡のように池に反射した。
 期間中、多くの参詣者が訪れ、配られたちょうちんの光が境内にゆらめいた。千葉県市川市から初めて訪れた無職内田亘彦さん(77)は「きれいな紅葉とともに国宝を楽しめて良かった。新しい魅力を発信して復興してほしい」と話した。

編集者: まのめ  日付:18年11月30日

夜空に浮かぶ錦秋の国宝 内郷白水町の白水阿弥陀堂へのコメント(0件)