いわき市のポータルサイト,いわきの求人

福島高専がアイデア賞受賞 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

福島高専がアイデア賞受賞


アイデア賞を獲得した福島高専のメンバー

 東京電力福島第1原発事故の廃炉を担う若い人材育成を目的としたロボット競技大会「第3回廃炉創造ロボコン」が15日、楢葉町の日本原子力研究開発機構楢葉遠隔技術開発センターで行われ、いわき市の福島高専は3位に相当するアイデア賞を獲得した。最優秀賞は初出場の長岡高専(新潟県長岡市)が輝いた。
 大会は文科省と廃止措置人材育成高専等連携協議会主催で、電波が届かない、コンクリート製の厚い壁など、現実に近い環境を想定。過去2回は、階段を上ったり、凸凹を乗り越えるなどの課題を設定したが、今回は溶解した核燃料(デブリ)の取り出し作業を模したより現実に近い難題とした。
 大会には21チームが応募し書類選考で15チームを選抜。海外から初出場したマレーシア工科大を加えた15校16チームが出場し、10分間の制限時間内にデブリを模したテニス・ゴルフ・卓球ボールを回収しスタート地点まで戻ることが求められた。
 競技フィールドは原子炉建屋内で圧力容器を支える基礎部分の実物大模型。学生は有線でつないだロボットを遠隔で操作し、内径24㌢、長さ4㍍のパイプを通過、直径5㍍のプラットホームに到達後、50㌢角の穴から3・2㍍下の物体回収に挑んだ。
 パイプを通過できなかったり、物体を取り損ねたりしたりするチームが続出する中、パイプを通りやすいようスリム化した、福島高専の「はじめてのおつかい号」はピンポン球を取ることに成功した。メンバーは「想像以上の出来。将来、人の役に立てるようなロボットを作りたい」と話した。クレーンアームにメジャー(巻き尺)を採用した長岡高専はテニスボールを回収し唯一、スタート地点まで戻った。
 関係者によると、来年も熔解したデブリの取り出し作業を模した課題で大会を開く予定という。

編集者: まのめ  日付:19年1月1日

福島高専がアイデア賞受賞へのコメント(0件)