いわき市のポータルサイト,いわきの求人

白雪のような新種エビ展示 アクアマリンで世界初 | WEBメディア ふくしま、いわき市のポータルサイト

白雪のような新種エビ展示 アクアマリンで世界初


世界で初めて展示されているシラユキモロトゲエビ

 白雪を思わせる、新種のエビ「シラユキモロトゲエビ」が18日から、小名浜の水族館アクアマリンふくしまで展示されている。 透き通るような白い体が特徴だが、個体によって赤みの強さなど体色が異なる約15㌢の3匹を展示。同館は「生きた新種の展示は珍しく、同種としては世界初の展示。雪の女王のような美しいエビを見に来てほしい」とPRしている。
 同館が昨夏、北海道知床半島羅臼沖の水深600㍍付近で操業したエビかご漁に同行して採集した。同館は2014年から、千葉県立中央博物館と共同研究を進め、北海道羅臼町の小学生が考えた「白雪姫エビ」にちなんだ和名・学名で16日に新種として公表した。
 今回の研究ではほかに、体全体が赤くトゲが特徴の「シレトコモロトゲエビ」と、頭全体に細毛が生えている「クレナイモロトゲエビ」も新種として公表。同館ではシレトコモロトゲエビも展示している。

編集者: まのめ  日付:19年1月30日

白雪のような新種エビ展示 アクアマリンで世界初へのコメント(0件)